秘境! パプアニューギニア・ニューブリテン島ツアー!

2020.01.20 by tadashi

秘境! パプアニューギニア・ニューブリテン島ツアー!

2019年12月28日(土)~2020年1月4日(土)
気温:30度 水温:30度 透明度:15~30m 天気:晴れ

ニューブリテン島 ワリンディリゾートを目指す!



年末年始は、フロンティア初のパプアニューギニアツアーへ行ってきました。

目指すのはニューブリテン島。東京からパプアニューギニアの首都ポートモレスビーまで空路約6時間半、そこで国内線に乗り換えて1時間でニューブリテン島のホスキンス空港に到着です。

ニューブリテン島は旧日本海軍のラバウル航空基地があった島だといえばご存じの方もいるかもしれませんね。

今回は島の北側に位置するキンベ湾の “ワリンディプランテーションリゾート” に滞在してのダイビングです!

バラクーダ! バラクーダ! バラクーダ!

今回のツアーの狙いはバラクーダの群れ!

合計14ダイブしましたが、バラクーダアタックは大成功! これほど個体が大きい群れ、それもきれいなトルネードは他のエリアではなかなか見ることができないのではないでしょうか。

特に一番人気の “ブラッドフォード” には3ダイブすることができましたが、透明度も30m近くある海中で毎回大きな群れに遭遇することができ、本当に楽しかったです!


ワリンディリゾート到着です!

成田空港を出発して、14時間、今回の滞在先 “ワリンディプランテーションリゾート” に到着です!

ここはダイビングインストラクターのオーナーご夫妻が設計、そして運営されているだけあって、ダイバーにはとても使いやすくできていました。

宿泊はコテージ。広い室内には清潔なシャワールームやトイレが完備。もちろん、お湯もたっぷり使えます。毎日のランドリーサービスも無料なのは嬉しかったですね。

器材洗い場も広く、最終日には洗ったダイビング器材を乾燥してお部屋まで届けてくれました。

ダイビングスタートです!

到着日はダイビングサービス前のビーチでリフレッシュダイブしました。透明度はあまり良くありませんでしたが、ギンガメアジやアジの群れを見ることができました。

そして翌日からはいよいよボートダイビングスタートです。

朝食後、リゾート内にあるダイビングサービスから出港、メインポイントのシーマウントまでは約1時間で到着です。今回のツアーでは海がベタ凪だったので、船に弱い私もあまり船酔いすることなくダイビングを楽しむことができました。

シーマウントダイブ!

毎日、Dive1とDive2は “シーマウント” と呼ばれている沖合の隠れ根でバラクーダの群れや回遊魚を狙います。

シーマウントとは根のトップが13m~20mくらいの小さな根です。どのシーマウントもラインが設置してあるので潜降そして浮上もとても楽ちんでした。

潜降していくと根のトップにバラクーダの群れがたっぷりと渦を巻いています。eriさんとyusukeさんは毎回トップでアターック!

時々刻々と変化するバラクーダの群れ、あまり逃げないので何度もシャッターチャンスがあるのは楽しいですね!

そしてツムブリやギンガメアジの群れ、イソマグロなどの回遊魚も登場してくれました。

浮上中には現れるのは、大きなツバメウオの群れです! 安全停止の深度まで近寄ってきてくれたので最後までダイビング楽しめましたよ。





ボートの上で食べるランチもまた美味しいものです。毎日違ったメニューを用意してくれました。

お肉料理やたっぷりの野菜、そしてフルーツは皆さんに大好評でした!

リーフダイビング!

ランチの後はリーフでのダイビングです。

リーフはどこも活き活きとしたサンゴが広がっていてとてもきれいでしたね。

サンゴにはパープルビューティーがたっぷりと群れていました。これを撮ることが目的の一つだったeriさん。毎回かなりシャッターをきっていたようです。

固有種のクマノミや他のエリアではあまり見ることのできないイナズマヤッコも毎回ウォッチできました。

ラストダイブではなんとピグミーシーホースまで見せてもらいました・・・といっても私は老眼でピントが合いませんでしたが・・・(笑)



食事もとっても美味しくて大満足!

ワリンディプランテーションリゾートは毎回とても美味しい食事を提供してくれました。

特に夕食は種類も多く、肉料理が中心でしたが、とてもあっさりと調理されていて味も薄味でゲストの皆さんは好評でした。

最終日はバーベキューをご馳走になりました。近隣で飼育されているキンベ牛は赤身中心でとても柔らかく日本人好みのお肉。まるで和牛のようでした。

ドルフィンスイムもたっぷり楽しみました!

ダイビング最終日にはイルカの群れに遭遇しました。

ここのオーナーが考案したという “ドルフィンネット” でイルカと遊んできました。

マスク&スノーケルを装着してボートの先端に取り付けてネットにつかまり、ボートをゆっくり走らせるとイルカたちがずっと周りを泳いでくれました。

ボートが走っているので逃げないので真近でイルカたちと泳ぐことができる初めての体験にちょっと興奮してしまいました!




ビレッジウォークに行ってきました!

今回のツアーのもう一つの目的はパプアニューギニアの人々の暮らしに触れること。

ということでリゾートの近くにある村にツアーに行ってみました。

人口約1000人というこの村、電気、水道、ガスはもちろんありません。高床式のコテージタイプの家に住み、タロイモやフルーツ、魚などを食しながらのんびりと暮らしているとのことでした。

あまりの原始的? な暮らしぶりに最初はちょっょビックリしましたが、村人の素朴な人柄やかわいい子供たちの遊ぶ姿を見ているとこういう暮らしもあるんだなと納得です。

最終日はキンベ市内観光へ!

ダイビング最終日の午後はリゾートから車で40分くらいにある、キンベの町へ。

途中道路の脇では、いたるところでヤシの実などを並べて売っていました・・・こんなところで売れるのかな・・・。

キンベ市内のスーパーの周りにはすごい数の人がたむろしていましたが、何をしているのかわかりません。この日の目的のスーパーに入ってみると中はガラガラ。入口にセキュリティーがあり入場者を制限しているようでした。

スーパーは意外に商品が揃っていてちょっとビックリ。前日訪れたビレッジとの落差にもビックリでした。

ご参加ありがとうございました!

TOPへ