PADI 2022年AWAREデザインカードのご案内

2022.01.14 お知らせ by フロンティアスタッフ

2022年のAWAREカードのデザインが決定しました。ザトウクジラです。

AWARE オリジナルデザインのPADI認定Cカード(日本版)は、PADIダイバー認定時に一口500円以上の寄付をすることで入手できます。いただいた寄付金は、世界の海洋保全のために地域の活動を推進する非営利公益団体「PADI AWARE Foundation」に寄付されます。

海の環境保護に関わるなかで、地域によってはクジラがそのシンボルとして使われるようにもなりました。
日本や他のアジア、西欧諸国にも、クジラにまつわる神話や歌、文化が古くから伝わっており、昔から人々にはクジラに対する尊敬の意識があったように思います。
万葉集にクジラがうたわれているのは有名です。古くからクジラは「勇ましく、猛き魚」というところから“イサナ”とも呼ばれていました。時代は若いですが、伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)の「象と鯨図屏風」(1795年)では、勢いよく潮を吹くクジラと、うずくまって鼻を高々とあげた象とを対置させた水墨画で、クジラのもつ神秘的な力を感じます。

現在でも、クジラの生態については科学的な調査が継続して行なわれており、それに基づいて保護や管理が議論されるように各団体で働きかけています。

ぜひこのカードを手にして、クジラについての知識を深めるきっかけになるよう、お役立ててください。

TOPへ